「湯河原温泉公式観光サイト」
横浜から60分の温泉街

こめやせんべい

米屋煎餅

4代目おばあちゃんが1枚ゞ炭火で焼く、香ばしい手焼き煎餅!

湯河原の中で「温泉街にきた!」という情緒あふれる通り沿い石畳の歩道、昔ながらの建屋が並ぶ場所に米屋煎餅店はあります。
入口は木の引戸、ガラガラっと開けると炭火の焼き台に囲炉裏、壁際には一斗缶が積まれています。店内には白大丸、青のり、ざらめ、二度付けなど約12種の手焼き煎餅が並びます。
浅草で米屋を営みながら「美味しい米で煎餅を焼いたらきっと美味しいはず」と始めた煎餅店だそうで、湯河原には疎開できて店を開きました。
現在は四代目が一枚ゞ手焼きをしています。 
今では珍しい焼き台で月に何度か丸一日がかりで煎餅を焼きます。運よく焼いている日に行くと香ばしく煎餅が焼ける匂いを嗅ぎながら「どれにしよう…」なんで選ぶ楽しみが味わえます。
塩分がダメな人のために醤油を付けない「白焼き」も注文で頼めます。

お店のマスコット、ラブラドールのポーリーが囲炉裏の前で店番をする姿も人気です。昭和の香りと煎餅の香り、古き良き時代が残る老舗です。
駅からすぐのところに「ぷち米屋」という姉妹店もあり、薔薇の季節は見事な薔薇も楽しめます。

  • 月に何度か店内の焼き台で手焼きをしています。少なくなってきたら焼く、というこの光景に出会えたらかなりラッキー!
  • ざらめ、胡麻、青のり、抹茶、小丸など一袋に5~6枚入ります。写真袋入りの「ざらめ」は5枚入り700円。地方発送あり!
  • 焼台

    写真の焼き台は初代が考案したもので、炭焼き台の上が乾燥のための引き出しになっている珍しいタイプ。 老舗和菓子店が「ぜひ本に掲載したい」と取材にきたという貴重なものです。

  • 外観

    温泉街の情緒あふれる外観は昔のまま、引き戸をガラガラっと開けて入って!

  • ばら売り

    色々試し買いしたい方や、すぐ食べたい!という方はばら売りがお薦め。醤油120円、ザラメ150円など。

  • マスコット犬

    お店のマスコット犬ポーリーは囲炉裏の前で4代目と一緒に店番をしています!

基本情報

住所 神奈川県足柄下郡湯河原町宮上458
アクセス 湯河原駅より不動滝または奥湯河原行きバス
「見付町」バス停下車すぐ
営業時間 10:00~17:00
定休日 不定休
電話番号 0465-62-2466

GoogleMapで見る

この近くのおすすめ情報