湯河原の歴史と文学

小林秀雄(1902〜1983)

湯河原と文学

小林秀雄(1902〜1983)画像

小林秀雄は昭和23年に「ゴッホの手紙」「鉄斎」などの執筆に加満田旅館に泊まったのを皮切りに、その没する2年前の昭和56年まで30年間、毎年多くは年末年始を同旅館「どうだんの間」で過ごした。

小説家水上勉が「飢餓海峡」を完成させたのもこの宿である。

湯河原の歴史と文学に戻る

お宿検索

pagetop