湯河原の歴史と文学

与謝野晶子(1884〜1942)

湯河原と文学

与謝野晶子(1884〜1942)画像

真珠荘は吉浜の実業家有賀精の邸宅で、1932年に与謝野夫妻と知り合って以後、たびたび彼らを招いてもてなした。

ここから見える真鶴の海の広大な景観と、庭に立つ典雅な大島桜は歌人たちを魅了した。特に晶子はこの大島桜をこよなく愛し「吉浜の真珠の荘の山ざくら 島に重なり海に乗るかな」など数々の桜の歌を詠んでいる。

晶子最後の歌集名を「白桜集」と云ったり、戒名を「白桜院鳳翔耀晶大姉」と称するのもこの大島桜にちなむものという。

湯河原の歴史と文学に戻る

旅先案内人コンシェルジュ 虎の巻

イベントカレンダー

<2月2017年03月4月>

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

イベント開催日

イベント一覧を見る

  • 湯河原温泉について

湯河原観光検索 目的から探す

名所・旧跡 美術館・記念館

レジャー施設 ハイキング

手作り体験

湯河原を巡る

お宿検索

pagetop