湯河原の歴史と文学

湯河原と文学

湯河原と文学

湯河原と文学画像

古く万葉集にも詠まれた湯河原は長く秘湯の趣を持った温泉場であった。藤木川に身を寄せ合うように立ち並ぶ宿に文人たちが親しく訪れ始めたのは明治中ごろからである。

しばしば訪れた国木田独歩はその風情を愛し、いくつかの作品を残した。
大逆事件で捕らえられた幸徳秋水を見送る田岡嶺雲も、背にこの渓谷の水音を聞いていた。
夏目漱石は遺作「明暗」の重要な舞台としてここを選び、芥川龍之介もまたこの地に俗塵を避けた。
疲れた心を山あいの湯に慰めようと訪れる与謝野晶子、島崎藤村、宇野浩二らの姿もあった。
戦後も小林秀雄、丹羽文雄、大岡昇平ら多くの作家が逗留し創作の筆をとった。

昭和に入り、湯河原は温泉地として飛躍的に発展したが、文人たちの安らぎの地であることに変わりはなかった。
島崎藤村は伊藤屋旅館にしばしば逗留し「夜明け前」執筆の疲れを癒した。
また、晩年の与謝野晶子にとって、吉浜・真珠荘でのひとときは大きな慰めとなった。
この他、万葉公園建設に尽力した佐々木信綱の名も忘れる事は出来ない。

藤木川の上流、奥湯河原の加満田旅館が文士の宿に加わったのは戦後まもなくのことである。
滞在客は宇野千代、林芙美子、石川達三、獅子文六と多彩であった。
小林秀雄が「ゴッホの手紙」を構想し、水上勉が「飢餓海峡」を完成させたのもこの宿で、大岡昇平の「花影」にもその反映を見る事ができる。

湯河原は今もなお作家たちの創作の場、あるいは交遊の場として愛されつづけている。

湯河原の歴史と文学に戻る

旅先案内人コンシェルジュ 虎の巻

イベントカレンダー

<7月2017年08月9月>

    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

イベント開催日

イベント一覧を見る

  • 湯河原温泉について

湯河原観光検索 目的から探す

名所・旧跡 美術館・記念館

レジャー施設 ハイキング

手作り体験

湯河原を巡る

お宿検索

pagetop