湯河原の歴史と文学

あしがりのとひのかふちにいづるゆの よにもたよらにころがいはなくに

万葉集と湯河原

あしがりのとひのかふちにいづるゆの よにもたよらにころがいは...画像

万葉集は奈良時代、つまり今から約1200年前につくられた日本最古の一大国民歌集で、上は天皇から下は一般庶民にいたるまで各階級の人々の歌が集められている。

編者は大伴家持(おおとものやかもち)といわれ二十巻からなり、雑歌(ぞうか)、相聞歌(そうもんか)、挽歌(ばんか)の三種に分類され、種類は長歌、短歌、施頭歌(せとうか)など、約四千五百余首の歌がおさめられている。

あしがりのとひのかふちにいづるゆの よにもたよらにころがいはなくに

万葉集の中で、温泉の湧き出ている有様を歌っているのは、この一首のみである。

この歌は、巻十四の東歌(あずまうた)の中の相聞歌として、相模の国の歌十二首の中の八首目に出てくるが、「足柄の土肥の河内に出づる湯」という温泉は湯河原であることを、有名な歌人佐々木信綱博士によって考証されている。

さて、この歌の意味についてはいろいろな解釈をされているが、その一つを挙げれば

「湯河原の温泉が、夜となく、こんこんと河原から湧いているが、その湯河原温泉が湧き出るような情熱で、彼女が俺の事を思ってくれているかどうか、はっきり言ってくれないので、毎日仕事が手につかないよ」

と解釈されている。

湯河原地方は、その頃から土肥(とひ)と呼ばれていた。

つまり、大化の新政令が公布された頃は、箱根山の東の麓に足柄の国というところがあり、上・下の二郡に分かれており、土肥郷は、足柄の下郡(しものこうり)に属する五郷の中の一つの郷であった。その範囲は北は小田原市から、南は熱海市まで、箱根を含む広い地域であった。

しかし、五十戸をもって1郷とした制度から見てその頃の湯河原の人口密度はきわめて低く、せいぜい七戸くらいで、30人から50人位の人しか住んでいない未開の地であった。

しかし、この歌が万葉集初期の歌として多分に民謡性を帯びていると思われているところから想像すれば、すでに、湯河原の渓谷には温泉が湧いていたことは勿論、その頃の人々が、その温泉が湧き出る様子を女の情熱にたとえて、酒の酔いに浮かれながら歌った素朴な生活ぶりがほのかに思い出されてまことに懐かしい思いがする。

温泉場の中央、千歳川と藤木川が合流するところに万葉公園がある。

ここには、万葉集にあやかって、万葉時代の建築を模した万葉亭の茶室や、観光会館内には郷土資料展示室がある。

また、園内には万葉植物約八十八種類の自生のものが保護育成されており、椎の大樹が茂り散策にふさわしい。

公園入口の朱塗りの橋を渡ると、スマートな真鶴石の歌碑がしだれ桜と椿に囲まれて建っている。

画家竹内栖鳳の筆によって「足柄の土肥」歌が書かれているのも珍しいが、更に公園奥の椎の木の陰に、国木田独歩の文学碑があるのも、湯河原温泉の奥ゆかしさを限りなく思わせる。

湯河原の歴史と文学に戻る

旅先案内人コンシェルジュ 虎の巻

イベントカレンダー

<9月2017年10月11月>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

イベント開催日

イベント一覧を見る

  • 湯河原温泉について

湯河原観光検索 目的から探す

名所・旧跡 美術館・記念館

レジャー施設 ハイキング

手作り体験

湯河原を巡る

お宿検索

pagetop